2009年11月16日

中国の爆竹工場で爆発

中国の爆竹工場で爆発、児童2人死亡 非合法で労働中

 【北京=古谷浩一】新華社電などによると、中国広西チワン族自治区賀州市の農村にある爆竹製造工場で12日、作業中に爆発がおき、働かされていた児童2人が死亡し、児童11人と高齢者の男性1人が重軽傷を負った。 >>続きを読む

 死傷した児童は、地元の小学校に通う女の子11人と男の子2人。いずれも親が出稼ぎで村を離れ、「留守児童」と呼ばれる子どもたちだった。爆発があったのは午前8時ごろで、小学校の授業が始まる9時50分までの時間を利用して、工場で働かされていたところだったという。

posted by dokutoruwin at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。