2009年11月10日

「機密費」で揺れる平野官房長官発

「機密費」で揺れる平野官房長官発言 報道に「針小棒大」と反論

 官房機密費(内閣官房報償費)の使途公開をめぐって9日、平野博文官房長官が午前中の発言を午後に翻し、関連する報道に対しては「針小棒大」と反論する一幕があった。>>続きを読む

 主党が以前、使用から10〜25年後の機密費支払い記録の公開を主張したことについて、「一つの考え方としてはある」としながらも、「20年後に公表することでオープンになるのか」と疑問も示し、発言が定まらなかった。

posted by dokutoruwin at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132518349
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。