2009年09月12日

中山で棒だら使う「元祖芋煮会」

中山で棒だら使う「元祖芋煮会」

 中山町が「芋煮会発祥の地」であることを知ってもらうイベント「第2回元祖芋煮会in中山」が12日、同町の最上川河川公園で行われた。>>続きを読む

 同町に伝わる「芋棒煮」は、棒だらと里芋、コンニャク、シイタケ、油揚げが材料で、しょうゆ味で味付けをするシンプルなもの。長崎地区は最上川舟運が栄えていた江戸時代、米沢方面への船荷の積み替えが行われていた要地で、船頭たちが休憩中に食べていたのが棒だらを入れた芋煮だったと伝えられている。

posted by dokutoruwin at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。