2009年09月03日

富士重工、戦闘ヘリ発注中止に

富士重工、戦闘ヘリ発注中止に「請求」を検討

富士重工業は、防衛省が戦闘ヘリコプターの発注を当初予定から大幅に縮小したことに対し、費用の支払いを請求する文書の提出を検討していることを明らかにした。>>続きを読む

 防衛省は2001年に戦闘ヘリ「AH64D」を計62機購入することを決定したが、02年度から07年度に計10機を発注した後、これを中止したという。そのため、富士重工は米ボーイング社に支払い済みだったライセンス料や、関連部品にかかった費用が回収できなくなった。朝日新聞やロイターは2日、1機の価格が約60〜80億円、請求額がライセンス料などを含め500億円弱だと報じている。

posted by dokutoruwin at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127123143
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。