2009年08月20日

蚊取り線香と花火で時限発火装置 放火の公判、検察主張

蚊取り線香と花火で時限発火装置 放火の公判、検察主張

 派遣先だった岐阜県垂井町の機械工場に火をつけたとして、非現住建造物等放火などの罪に問われている住所不定、無職古沢晃被告(58)が、蚊取り線香と線香花火で「時限発火装置」を手作りしていた疑いのあることがわかった。岐阜地裁で19日にあった公判で、検察側が主張した。 >>続きを読む

 火をつけた蚊取り線香の上に、花火2本を載せ、線香が花火の置いてある部分まで燃えると、花火に点火するよう細工。火花を周囲に燃え移らせることで、天井を燃やしたなどと主張した。現場から逃げるための時間稼ぎが目的だったとし、実験したところ約50分で花火に燃え移ったと指摘したらしい。

posted by dokutoruwin at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。