2009年06月05日

「処世術として役立つ」 中国でスパイドラマ大人気

「処世術として役立つ」 中国でスパイドラマ大人気

 【北京=野口東秀】中国でテレビドラマ「潜伏」が人気を博し、各地で視聴率トップを獲得している。新中国成立(1949年)前の共産党と国民党のスパイ合戦を描いたものだ。緊迫した状況をいかに切り抜け、逆転するかが見どころで、「処世術として役に立つ」との声が出ている。>>続きを読む

 さまざまな窮地に陥っても主人公は相手の心を読み、ピンチをチャンスに転換させるという内容らしい。なるほどね。

posted by dokutoruwin at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120939003
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。