2009年04月03日

1700人が無年金に 基礎年金番号ない有資格者

1700人が無年金に 基礎年金番号ない有資格者

 舛添要一厚生労働相は3日の衆院厚生労働委員会で、年金の受給資格があるのに、基礎年金番号が割り振られず記録が宙に浮いていたために無年金になっていた人が、推計で少なくとも約1700人いることを明らかにした。民主党の長妻昭氏への答弁。 >>続きを読む

 基礎年金番号は

(1)1997年1月時点の受給者と現役加入者

(2)その後の新規の加入者と受給者―に1つずつ割り振られた。

 それ以外は対象外で、例えば97年1月より前に厚生年金から脱退し、その後公的年金に加入していない人は基礎年金番号がないことになるという。

posted by dokutoruwin at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。